費用が掛かる

工事費用以外にも必要なお金

大規模なリフォーム工事では、余分な費用がかかることがほとんどです。まず、建物の古い部分の解体工事をしなくてはいけません。解体をして柱などに不具合があった場合、補強工事をする必要が出てきます。補強をするにも費用がかかります。古い家を解体してみたら、業者も想像できなかったほど傷んでいて、予算をかなりオーバーしてしまったと言うケースもあります。予算は余裕をもって用意しておくことです。 また、リフォーム工事が長くなる場合、仮住まいを用意しなくてはいけないと言うこともあります。その場合、仮住まいの家賃や引越し費用も必要になってきます。工事費用だけを考えるのではなく、そう言った費用もきちんと把握しておくことです。

予算を立てやすくするために

リフォーム工事と言っても、模様替え程度のものから、間取り変更と言った大がかりな工事まで様々です。自分が希望するリフォームは、どれ位の費用がかかるかを事前に調べておけば、予算が立てやすくなります。 リフォーム工事の目安を挙げると、一般的なビニールクロスに張り替える場合、1平方メートルあたり1000円から2000円前後です。6畳の和室から洋室に変更する場合は、100万円前後になります。別々になっているLDKをワンルームにする場合は、100万円から200万円程度必要です。 とは言っても、業者や設備機器のグレードなどによって費用は大きく変わってきます。しかし、大体の目安を知っておけば、資金計画に役立ちます。