新しくする

リフォームを扱う業者はそれぞれ得意とする施工がある

住宅を新たに増改築したり、外壁のサイディングを交換したり、壁紙を貼り替えたりといった事は全てリフォームとなります。それだけ範囲が広いと、当然施工を行う業者もそれぞれ専門化しているのが一般的です。 例えばハウスメーカーの系列会社や工務店、リフォーム会社などは幅広いリフォーム工事を行っているため、増改築工事にも対応してくれます。住宅全体の機能やデザインなどを変更することも可能です。子供の卒業を機会にセカンドライフ向けの住宅に改築したり、介護のために住宅全体をバリアフリー化したりといった工事も頼めます。 またユニットバスやキッチン、トイレといった水周り設備の施工と販売を行っている業者ならば水周りリフォームを頼んだりと、リフォームを扱う事業者はそれぞれ得意とする施工があります。

目的や部位別に希望の施工を依頼することができる

住まいは目的や部位に応じて様々なリフォームを施すことができます。目的別としては介護やセカンドライフ、新婚や親との同居などをきっかけに、より暮らしやすく、機能的な住宅を実現するためにライフスタイルに合わせたリフォームを行うケースがよく見られます。 部位別の施工もやはりよく行われることが多く、例えばキッチンリフォームならば、これまでのクローズドキッチンから、コンパクトでユニバーサルデザインも考えた、オープキッチンに切り替えることで、家事効率のアップや動線の確保などが可能です。 他にもバスルームを高齢者でも安全に使えるように、床に滑り止め加工ためのフロアコーティングを行ったり、玄関にスロープを設置するのも部位別のリフォームの一種です。